テネリータ究極のこたえ

超甘撚りシリーズ

柔らかさにこだわり抜いた、
超甘撚りタオルシリーズ

「おもわず触れずにはいられないタオル」を目指したこだわり

こだわりのポイントは、糸の撚り回転数と丁寧な物作り

極上のタオル作りを目指し、まずは糸を撚る回転数を徹底的に見直しました。

※糸はもともと綿の繊維から出来ていますが、その繊維をねじり合わせたり、糸自体をねじり合わせることを「糸を撚る(よる)=撚糸(ねんし)」といいます。

テネリータのオーガニックコットン。それは、この上なく品質がよく、信頼が高いものでなくてはなりません。すべてのタオルのコットンには、南インドの契約農場で採れる最高級の綿花のみ使用を認めています。製造は、世界最高クラスのタオル技術を誇る産地、今治です。

撚り回転数へのこだわり

撚るほどに、糸としての強度を高め、たった数回の差でもまったく別のタオルになってしまう繊細なコットン。まったく撚らない無撚糸と呼ばれる糸がいちばん柔らかいとされますが、環境にわるい化学物質でコーティングされているため、テネリータの求める糸ではありません。そこで、糸を撚りつつも、綿本来の柔らかさに近づける数値を何度も、何度も、検証しました。柔らかすぎて糸が切れてしまわないぎりぎり、強度を保てるぎりぎりの数値を追求し、ようやく極限までの甘さが実現しました

丁寧な物づくりへのこだわり

タオルの品質には素材であるコットンの質や撚り回転数などの要素で違いがでますが、作り方(=織り方)にも縫製にも違いが出てきます。テネリータのタオルは一般的なタオルと比べるとタオル組織であるパイルの分量が多く、密度が高いです。光に当てるとわかりますが、品質の悪いタオルが透けますがテネリータのタオルは透けないぐらいに密度があります。またタオルの耳(ミミ)と呼ばれる両端の部分にはロックミシンでしっかりと縫製されており、上下の端の耳(ミミ)は単純にパイルを折り返して縫製するようなことはせず、パイル組織ではない部分を意図的に作り出し縫製しています。少しでも長くご愛用頂ける工夫です。

ご自宅のインテリアや好みに合わせて選べる豊富なカラー展開

自宅用にはもちろん、贈り物にも人気の理由は豊富なカラー展開

豊富なカラー展開の理由、それは少しでも多くのお客様に本物のオーガニックコットンを利用して頂きたいからです。インテリアや好みに合わせたカラー展開があることで、テネリータのタオルをお客様の生活に取り入れて頂きやすくする、その結果オーガニックコットンの消費量が増え、有機栽培の畑が増えます。化学農薬を使わない有機栽培の土壌が増えることは地球を守ることにも繋がります。日常使うタオルだからこそ、地球環境を守るものにしていきたい、それがテネリータの豊富なカラー展開の理由です。

タオルシリーズ

タオル雑貨シリーズ