春まで使えるコットンブランケット

春まで使えるコットンブランケット

ナチュラルカラーであたたかみをプラス

コンパクトなサイズでひざ掛けとして使いやすい、コットンダブルカットボーダーケットのクォーターサイズ。
画像で使用しているカラーはエクリュです。
エクリュは淡い色の総称で柔らかくナチュラルでやさしい印象のカラー。
春になると使いたくなるパステルカラーとも相性の良いエクリュは、様々なシーンに合わせやすいカラーです。
クォーターサイズは大きさが約70×100cmで、オフィスやご自宅のひざ掛けとして。またお子様連れのお出掛けや車に置いておく一枚としてもおすすめです。

落ち着きのあるカラーで室内にニュアンスを

ソファなどでくつろぐ時間ににも使いやすい、コットンダブルカットボーダーケットのハーフサイズ。
画像で使用しているカラーはチャコールグレーです。
「木炭」を意味するチャコール。黒に近いけど、角がない優しさを持ち、グレー系カラーの中でも深みがあるシックな印象。
絶妙なニュアンスを持つチャコールグレーは、インテリアとのコーディネイトの幅を広げてくれるカラーです。
ハーフサイズは大きさが約140×100cmで、ソファでのリラックスタイムやお子様のお昼寝用におすすめです。

優しい印象で気品も感じるカラー

寝具としても使いやすい、コットンダブルカットボーダーケットのシングルサイズ。
画像で使用しているカラーはアイボリー。
アイボリーは象牙または象牙色という意味を持ちます。
象牙は真っ白ではなく、クリーム色をさらに薄くし、グレーの色味を少し強めにした色です。アイボリーの他にアイボリーホワイトと呼ばれることもあります。
アイボリーはホワイトよりも明度が低いため、ナチュラルな印象があります。優しさや気品、落ち着きを感じさせてくれます。
シングルサイズは大きさが約140×200cmで、寝具として掛け物だけでなく、気温が低い時期のシーツの代わりに敷物としてのご利用もおすすめです。

安心の物作りと使いやすさを表現

テネリータで根強い人気を誇るオーガニックコットンのシール織りブランケット。
『シール(seal)織り』とはアザラシの毛皮に似ていることから付けられた名前で、古くから作られている手法です。
テネリータのシール織りブランケットは、シール織りの名産地、和歌山県の高野口に伝わる伝統的な織り方で作られています。
シール織りブランケットの良さは、軽い質感ながら保温性に優れていること、そして、絶妙な光沢感があることです。
ご家庭の洗濯機で丸洗いが出来るのも嬉しいポイント。素材がコットンのため静電気が起きにくいのも特長です。

他にも『コットンダブルカットボーダーケット』と同じシール織りで華やかな織柄が特徴の『コットンアローストライプケット』もございます。
シール織りの良さを生かしながら、贈り物にも映えるアロー柄とストライプ柄を合わせたアローストライプの織柄をあしらい、華やかなブランケットです。

テネリータではナイトウェアやピローケースなどもご用意しております。

おススメのブランケットページはこちら